シーケンサー・・・ここでは音楽制作用途で使用される
MIDIシーケンサーについて記述します。

あるパート(右手・左手・リズム)などの演奏情報を記録して
それを再生する役割を持つのがシーケンサー。
マルチトラックで複数のパートを同時に鳴らすことも可能で、
音楽制作には欠かせない機械でもあります。


似たような機能のMTR(マルチ・トラック・レコーダー)との違いは、
MTRはオーディオデータを記録するための機械であるのに対し、
シーケンサーではMIDI情報というデータを扱います。

例えばCDを作ったり、配信したりするにはMTRを使います。
DAWというシステムで完結する場合もありますね。
必要トラック分のオーディオを録音し、それをミックスダウンして
ステレオ2チャンネル(L・R)にまとめます。
その後、マスタリングなどの作業を経て完成へと近づきます。

マスターテープとかマスター音源とかリマスター音源などというのは
いろんな編集作業を終えた「完成品」とも言えます。


話を戻しますが、シーケンサーでは音楽CDを作れないのか?
はい作れません。
なぜなら、MIDI情報を記録・編集・再生するためのシステムですので、
そこにオーディオ信号を記録する機能が付いていないからです。

記録されたMIDI情報とは、たとえば鍵盤のドが入力されていたりする。
そのドをソに変更することが可能。
それまでピアノで鳴っていた音を、トランペットの音に変更できる。

オーディオ録音では演奏を間違えたら、もう一度やり直しです。
それがMIDIシーケンサーでは編集で直すことが可能なのです。
シーケンサーを走らせて、ソングデータをMIDI音源などで鳴らせば、
それをオーディオ録音すれば簡単にインストCDが作れる。

DAWは、このMIDIシーケンサーとオーディオ機能が合体したシステムで
パソコンとDAWソフトウェア、各種インターフェイスを用意するだけで、
自宅や外出先でも曲作りが楽しめます。


ここまでは誰でも知っている事かと思います。

では、タイトルのようなハードウェアのMIDIシーケンサーを利用するのに、
どのような運用が可能か? を「その2」で記述していきます。